染料

枇杷(ビワ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バラ科の常緑高木。庭や公園に植わってあることが多いです。
葉を染料として使用、細かく刻んで煮出して色素を抽出します。
アルミ媒染(焼きミョウバン)で赤めの肌系色、
鉄媒染(木酢酸鉄液)で灰系色に染まります。
日光の堅牢度はアルミ、鉄ともにとても良好で優秀です。

染料は、染料店でも購入できます。
たまに街路樹や公園樹の剪定をしているので運が良ければ頂けるかもしれません。

煮出してとった染料液

染め上がった色(アルミ媒染) 生地:帆布11号

枇杷の葉は他にも、漢方や煎じてお茶にして飲むことができるようです。
果実は、ご存じのとおり甘くて美味しい。

注意

枇杷の種子は食さないでくさい。種子の粉末も危険です。
未熟な果実もダメです。
天然の有害物質が含まれているようです。(詳しくは農林水産省の公式サイトをご参照ください)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加