植物で染める  
 
植物染色は山野や川辺などにある、木の実や樹皮、草花の花・茎・葉・根等を染料として布等を染める古くから利用されている染色方法です。(最近ではよく草木染めとも呼ばれていますね)

この染色方法は合成染色のような安定性はなく、同じ工程・同じ分量・同じ染めの回数で染色してもまったく同じ色に染まる確証はなくて、季節や気候によって色が違ってくる、とてもデリケートで気難しい染色です。
さらには基本的には合染と比べるとはるかに色が褪せていくスピードが速く(藍や柿渋等例外はあります)とにかく陽の光が苦手で、直射日光は特に嫌がり色褪せを加速させます。それを遅らせるため長時間の日光を避けたりや洗濯後は陰干しにしたりなど非常に手がかかってしまいます。しかし・・・
褪せについて、明確な色止めはあやふやですが古来より色の定着や発色を促す方法が利用されてきました。それが媒染です。(媒染に関しては下記を参照)

今、植物染色=草木染めと呼ぶのが一般的になっているようにおもわれますが、元々草木染めは染色家の山崎氏という方が考えたもののようです。ある意味でブランド?といってもいいのではないかとおもっています。


IKKOLOでは、河原に自生しているノイバラやヨモギ、家庭にあるタマネギの皮などを染料として使っています。季節や自生する場所の違いもある為、染色店で入手する染料も使用しています。
出来るだけ自然のままでの染色を心がけていますが色の定着・発色をさせるために木酢酸鉄・おはぐろ、生・焼明ばん、椿灰汁などの媒染液を使用しています。
銅・クロム媒染等の劇物の助剤は使用していません。
 
リンク お問い合わせ 個人情報の取り扱いについて 特定商取引に関する法律に基づく表示