黒・灰系色

日本の黒・灰系色〈鉛色 灰色 鼠色〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鉛色 ナマリイロ

鉛色
鉛色
鉛色
鉛色
鉛色
鉛色
鉛色

金属の鉛に似た色。青みがかった灰色。どんよりした灰色。文学小説にも重く曇った空の表現などによく使われます。

灰色 ハイイロ

灰色
灰色
灰色
灰色
灰色
灰色
灰色

白と黒の中間色。燃やしたあとの灰のような色。はっきりしない色。鼠色と比べると若干黒い。

鼠色 ネズミイロ

鼠色
鼠色
鼠色
鼠色
鼠色
鼠色
鼠色

鼠の体毛の色ような色。江戸時代には銀鼠、利休鼠などいろいろな鼠色が生まれた。※幕府による奢侈禁止令(贅沢禁止)により紅など高級で派手な色が禁止され庶民の間では許される範囲の色で数々の色を生み出した(江戸の四十八茶百鼠と呼ばれた)地味な色でも創意工夫によって粋な色として変わり流行色となった。

※ 注意 ※ 

上記、表示している色は本やWEBなどを参考に視認で調整し設定してる色がございます。正確性には欠けますので、あくまでもご参考程度でご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク