黒・灰系色

日本の黒・灰系色〈青鈍 深川鼠 利休鼠〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青鈍 アオニビ

青鈍
青鈍
青鈍
青鈍
青鈍
青鈍
青鈍

青みがかかった暗い墨のような色。仏事に多く用いられる。黒染めに藍を重ねて染めるといわれる。

深川鼠 フカガワネズ

深川鼠
深川鼠
深川鼠
深川鼠
深川鼠
深川鼠
深川鼠

薄く青緑がった鼠色。フカガワネズミともいわれる。江戸時代後期、贅沢が禁止されるなか庶民の間で流行った粋な色のひとつ。江戸の深川芸者などに好まれた色ということでその名がつけられた。

利休鼠 () リキュウネズ

利休鼠
利休鼠
利休鼠
利休鼠
利休鼠
利休鼠
利休鼠

淡い緑色がかったようなくすんだ鼠色。江戸時代に流行した色、抹茶や侘びをイメージさせる色合いから、千利休とは直接的な関係は無いがその名にちなんでつけられた色名。

※ 注意 ※ 

上記、表示している色は本やWEBなどを参考に視認で調整し設定してる色がございます。正確性には欠けますので、あくまでもご参考程度でご理解の程、何卒よろしくお願い申し上げます。

スポンサードリンク